『競馬に強くなる調教欄の取扱説明書』で儲ける方法

『競馬に強くなる調教欄の取扱説明書』を読んで、
田中流の使えるポイントを紹介します。

やはり調教で馬券に直結するコースは栗東坂路です。

この本の4-04でも、取り上げられています。

このページでは、最終追い切りが栗東坂路4F52.9秒以下の時の、
ラスト1F別の成績が載っています。

ラスト1Fが12.0秒~12.5秒の場合は、単勝回収率が159%

ラスト1Fが11.9秒以下の場合、単勝回収率が139%と書かれています。

実際に2012年~2015年6月末までのデータで調べてみると、

ラスト1Fが12.0秒~12.5秒の場合は、単勝回収率が112%

ラスト1Fが11.9秒以下の場合、単勝回収率10%

という結果ですが、ラスト1F11.9秒以下の場合は、
母数が少ないのであまり気にする必要はなさそう。

本に載ってるほどの回収率はないが、理論は正しいと判断できる。

ここからアレンジすると、芝とダートを分けて考える。

芝のレースの場合は、最終追い切りが栗東坂路4F52.9秒以下の時、
ラスト1Fが12.5秒以下だと、単勝回収率が120%

ダートのレースの場合は、最終追い切りが栗東坂路4F52.9秒以下の時、
ラスト1Fが12.9秒以下だと、単勝回収率が143%

ダートの方を芝に比べて少し条件を甘くすると、いい感じになる。

ダートは芝よりもスピード能力が無くても走れるということなんでしょうね。

効果バツグンなので、ぜひ調教欄をチェックして欲しいと思います。

ただ、先ほどのプラス回収になるには、もうひとつの条件が必要です。

それは、この本の4-04(86ページ)をチェックしてみてください。

⇒この本の購入を検討する

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家)
かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。

競馬の非常識な成功法則

とにかく競馬は『正解を知っている少数派』に入らなければ勝てません。あなたに競馬ファン心理の逆を行く考え方を伝授するので、馬券でプラスになってください。