『絶対調教 これが勝負仕上げだ!』の真実

では『絶対調教 これが勝負仕上げだ!』をレビューしていきます。

この本は、「調教指数で獲る高中式方程式」の著者である高中晶敏氏と、JRDB所属で「京大式推定3ハロンEX」の著者である久保和功氏への取材をベースに、「社台王朝の裏を知ればこんな馬券が獲れる!」の著者、野中香良氏が構成したもの。

なんともややこしい感じだが、実際に読んでみると、
高中氏と久保氏の会話形式で進み、野中氏が進行するといったカタチ。

違和感なく普通に読める。

まず第1章は、調教でG1を獲る方法が書かれている。

G1で来る馬は、栗東ならCWか坂路、
美浦なら南Wコースで追いきった馬のみ。

2013年前半のG1の1~3着馬の最終追い切りコースが書かれているが、
確かにその通りになっている。

それから2年経っているが、この傾向は変わってないだろう。

第2章は「好調教馬」がストレートに狙えるレースを探せ!というもの。

この本では、調教の基礎的な解説は無いので、調教の基礎知識はあった方が良い。

調教の勉強を始めるのであれば、
『競馬に強くなる調教欄の取扱説明書』の方がオススメ。

基礎知識があるのであれば、この章はとても役に立つ。

調教で馬券を攻略することについて、色んな視点を与えてくれる。

馬券の予想に調教を加えているなら、この章は必読だ。

第3章は東西25厩舎の勝負仕上げと凡走パターン。

騎手や調教師は、時代のトレンドがあるので、絶対的な信用は微妙。

参考程度に読むなら良さそうだ。

そして第4章じゃ数字が暴く買える馬・買えない馬。

この章も第2章と同じく、調教について新しい視点を与えてくれる可能性が高い。

勝負仕上げや条件変わりについて書かれているので、予想のヒントになるだろう。

調教の中級者なら、間違いなく役に立つ本。

⇒この本の購入を検討する

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家)
かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。

競馬の非常識な成功法則

とにかく競馬は『正解を知っている少数派』に入らなければ勝てません。あなたに競馬ファン心理の逆を行く考え方を伝授するので、馬券でプラスになってください。