『京大式 推定3ハロンEX ~「テン」と「上がり」だけで儲かるコース・条件が完全にわかった!』の真実

では『京大式 推定3ハロンEX ~「テン」と「上がり」だけで儲かるコース・条件が完全にわかった!』をレビューしていきます。

「4角で先頭を走っていた馬」と「上がり最速をマークした馬」に
フォーカスした競馬本。

ご存知の方も多いと思うが、競馬は「逃げ馬」と「上がり最速馬」が有利で、
この2頭をレース前に予測することができれば、永遠に勝ち続けることができる。

だから著者の久保和功氏は、各競馬場ごとに基準タイムを設け、
そこからさらに距離や馬場状態を加味して、タイムを補正し、
前半3ハロンと後半3ハロンのトップ5になる馬を推定しようと試みている。

それがこの本のタイトルにある「推定3ハロン」というもの。

その推定3ハロンはスポーツ新聞のサンスポ紙上で、
メインレースを中心に「推定前半3ハロン」と
「推定後半3ハロン」の上位5頭を発表しているようです。

またその馬の生涯データを使って、
「4角5番手内率」と「上がり3ハロン3位内率」を算出して、
比較するという方法も提示されています。

これも手作業やTARGETで調べるのは難しいのですが、
巻末の袋とじに、現役馬の「4角5番手内率」と「上がり3ハロン3位内率」が書かれています。

ただ、この本は2013年10月に出版されたもので、
少しデータが古いのは否めないが、
データの精度は落ちても、競馬新聞の馬柱を見て、
なんとなく推測して使っても効果がありそうな理論だ。

あとは、JRAのコース中で、推定前半3ハロン1位の儲かるコース&条件トップ10と、
推定後半3ハロン1位の儲かるコース&条件トップ10が書かれている。

なぜ?そのコースで好走するのか、という理由がキッチリ書かれており、
この部分を読めば、コース傾向の勉強にもなるのでグッド。

そして最後に、これらのデータを毎週使いたいなら、
月額1000円のハイブリット新聞を使ってくださいという流れ。

このような宣伝本を色々言う人もいるが、有料情報は使いたい人が使えば良い。

その部分を除いても、この競馬本は十分新しい気付きを与えてくれる。

特に5本あるコラムは興味深く役に立つ。

⇒この本の購入を検討する

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家)
かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。

競馬の非常識な成功法則

とにかく競馬は『正解を知っている少数派』に入らなければ勝てません。あなたに競馬ファン心理の逆を行く考え方を伝授するので、馬券でプラスになってください。