『競馬に強くなる調教欄の取扱説明書』の真実

では『競馬に強くなる調教欄の取扱説明書』をレビューしていきます。

この本は、調教の勉強を始める際に最良のものです。

オールカラーで調教とはどんなものか?
ということを、丁寧な説明で書かれています。

これなら、調教嫌いな人や、あまり興味がなかった人でも、
すんなりと入りやすいと思います。

第一章では、なぜ調教が大事なのか?や、
東西のトレーニングセンターの概要、馬の飼料まで、
競走馬の育成環境について書いてある。

第2章は調教に基礎知識について。

例えば、「馬なり」「強め」「一杯」とどういう意味なのか?

併せ馬の効果と狙いはなんなのか?

これらが分かりやすく書かれています。

第3章は、たくさんある調教コースについて。

例えば、美浦の坂路の場合、4Fを51秒~53秒で走っている馬、
栗東の坂路であれば、52秒~54秒で走っている馬が狙い目、といった感じ。

調教コースの特徴も書かれており、とても分かりやすい。

第4章は、調教欄をどんな風に使えば、競馬で勝てるのか?

これが書かれています。

前走時の時計と比較したり、ジョッキーが調教に乗る時の意味など、
馬券の買い時の説明がギッシリとあります。

この本自体は1cmほどと少し薄いですが、内容は濃いです。

調教のエントリー用として、または教科書として、
手元に置いておくと良いと思います。

⇒この本の購入を検討する

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家)
かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。

競馬の非常識な成功法則

とにかく競馬は『正解を知っている少数派』に入らなければ勝てません。あなたに競馬ファン心理の逆を行く考え方を伝授するので、馬券でプラスになってください。