『最強の競馬論』の真実

では『最強の競馬論』をレビューしていきます。

2003年に出版された森秀行調教師の競馬本。

馬券については書かれておらず、
調教師の仕事や考え方が中心に書かれている。

森調教師といえば、97年にシーキングザパールでNHKマイルCを制覇。

2000年はエアシャカールで皐月賞と菊花賞を。

そして01年のフェブラリーSをノボトゥルーで勝利。

最近では08年の皐月賞をキョプテントゥーレで勝っている。

競馬関係者ではなく、求人広告で競馬界に入ったためか、
会社の経営者という感覚を持ち、2001年には全国リーディングを獲っている。

この辺の感覚は、本を読んでいて、とても矢作調教師に似ていると感じる。

やはり次代の寵児になる人は、常識に囚われない思考を持ち、
それを徹底できる行動力を持ち合わせていると思う。

ただ2006年までは毎年30~50勝を挙げており、
勝率10%を超えていたが、
2007年から急に30勝以下が続き、勝率も8%以下が続いている。

森調教師は修行時代、社台ファームで働いていたため、
競走馬の供給は、社台ファームからがほとんど。

ノーザンファーム系からの供給はわずかだ。

しかし、2007年か2008年くらいから、
社台ファームからの供給が激減している。

出走数だけで比較すると、

2006年 社台ファーム生産馬の出走数 132回

2007年 社台ファーム生産馬の出走数 96回

2008年 社台ファーム生産馬の出走数 52回

その後も出走数は減り続け、2014年はわずかに24回しかない。

2007年くらいに、社台ファームとトラブルがあったのか?
それについては分らないが、近年の低迷は社台馬の供給減少が原因だ。

ただ低迷と言っても、14年は27勝しており、リーディングは34位。

社台系の馬の供給が少ない中で、この成績は立派とも言える。

とにかくこの本を読めば、なぜ森調教師が他の調教師より優秀な結果を残せるのか、
これがよく分かる内容となっている。

例えば、勝てる騎手とはどういうものか?
そして森調教師は、どのような理由で騎手起用をするのか?や、
馬の特徴に合わせた番組選びなどが書かれている。

馬券に直結しないが、読むと馬券力アップに繋がるのは間違いない。

矢作調教師の『開成調教師~安馬を激走に導く厩舎マネジメント~』
合わせて読みたい一冊。

⇒この本の購入を検討する

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家)
かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。

競馬の非常識な成功法則

とにかく競馬は『正解を知っている少数派』に入らなければ勝てません。あなたに競馬ファン心理の逆を行く考え方を伝授するので、馬券でプラスになってください。