『競馬のツボ』の真実

では『競馬のツボ』をレビューしていきます。

2007年に出版された少し古い本だが、
内容は『競馬の格言』のような小ネタがたくさん載っているもの。

例えば、馬の能力を数値化したレーティングは、
ハンデ戦や休養明けといった有利不利が加味されていないことや、
当該レースにおける適正が評価されていない部分が弱点といった指摘。

他には、レースの展開を決めるのは最初の直線の長さ
というものもなり、確かに最初の直線が短いと、内枠が有利だし、
激しいペースになりやすいので、前が苦しくなりやすい。

逆に最初の直線が長いコースは、隊列が決まりやすく、
流れが落ち着きやすい、などの傾向も書かれている。

あとは、昇級、降級、格上挑戦の好走パターンの見抜き方など、
コース、距離、時計、戦績、ローテーション、厩舎情報、騎手、調教、血統、展開など、
32の競馬のツボがあり、なかなか興味深い。

ただ、すべての鵜呑みにして使うのは危険。

情報が古いことが理由のものもあるが、
実際にTARGETで調べてみると、サッパリのものも多い。

では、どのようにして使うのか?

これはネタ帳として使うのが、一番の使い道。

この競馬本を読んで、

なるほど!最初の直線の短いコースと、
最初の直線の長いコースに分けてみよう!

そしてその傾向を分析してみよう!

という気付きを与えてくれる本。

この本に載っているネタを元に、TARGETで色んな可能性を探る。

こんな使い方をして欲しい一冊。

実際、私は2011年にこの本を買って、ネタ帳としてかなり重宝しています。

⇒この本の購入を検討する

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家)
かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。

競馬の非常識な成功法則

とにかく競馬は『正解を知っている少数派』に入らなければ勝てません。あなたに競馬ファン心理の逆を行く考え方を伝授するので、馬券でプラスになってください。