『マイネル軍団の裏を知ればこんなに馬券が獲れる!』で儲ける方法

『マイネル軍団の裏を知ればこんなに馬券が獲れる!』を読んで、
田中流の使えるポイントを紹介します。

瞬発系の社台グループ馬と違い、
マイネル軍団の馬は先行してから直線で粘りこむ消耗タイプが多い。

つまり決め手に欠くんですよね。

しかし、マイネル軍団の中にも瞬発系の馬が存在します。

上がり3ハロンタイムが、
前走のメンバー中3位以内だった馬を狙います。

それだけで、

勝率11% 連対率23% 複勝率34%
単勝回収率97% 複勝回収率87%

データ集計期間:2012~2015年6月末まで

このような成績になります。

前走で速い上がりの脚を使えたマイネル軍団馬は、
次走もかなり期待できるということですね。

『マイネル軍団の裏を知ればこんなに馬券が獲れる!』の真実にも書きましたが、
マイネル軍団とは、

サラブレットクラブ・ラフィアン

ビッグレッドファーム

ウインレーシング

岡田繁幸

この4つの馬主名義の総称です。

しかし「ウインレーシング」は、マイネル軍団傘下に入ってから日が浅く、
まだ岡田総帥のやり方が浸透していないと考え、今回は除きます。

さらに、この本の82ページに、

マイネル馬が〇〇〇の◆◆◆に出走してきても、消しで構わない。

という文章があります。

この文章の〇〇〇という条件の場合、消します。

これで下記のような成績になります。

勝率11% 連対率22% 複勝率31%
単勝回収率126% 複勝回収率90%

かなり安定して狙えるパターンなので、
発見したら、ぜひ狙って欲しいと思います。

今回の条件をまとめると

1)マイネル軍団の馬(ウイン名義は除く)

2)前走上がり3ハロン1~3位の馬

3)82ページにある〇〇〇の場合は消し

この3つだけです。

とても簡単ですね。

この本を読めば他にもたくさんアイデアが載っていますが、
騎手での狙い目はトレンドによって傾向が変わってしまうので、
鵜呑みにしない方が良いと思います。

クラス別はあまり傾向が変わらないので、長く使えそうです。

⇒この本の購入を検討する

投稿者プロフィール

田中洋平
田中洋平(日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家)
かつてはダイニングバーの経営者だったが、現在は競馬研究ひと筋。「競馬最強の法則」の馬券ブラックジャーナルコーナーにおいて、2009年に逃げ穴馬馬券術を紹介。2010年には同誌にて「コンピアナライズを追え」で巻頭でデビューを果たし、2012年にKKベストセラーズより「新コンピアナライズ・ゾーンレベル」を出版。現在は日刊スポーツ公認のコンピ指数研究家として日刊公式ウェブサイト「極ウマ・プレミアム」にてコラム、テクニカル6を連載中。また重賞特集号として日刊スポーツが発行しているタブロイド紙のコンピ予想も担当している。

競馬の非常識な成功法則

とにかく競馬は『正解を知っている少数派』に入らなければ勝てません。あなたに競馬ファン心理の逆を行く考え方を伝授するので、馬券でプラスになってください。